声にすべてが乗ってしまう。

みなさん、こんにちは!

べじらーめんゆにわの、新谷です!

最近、スタッフに、声には気持ちが乗るから注意して話すように、と指導をすることがありまして

お客様への「ありがとうございます」も、テキトーに言っていたら

そのテキトーな気持ちは相手に伝わるよ。

といった話をしました。

それについて、僕が昔に書いていたブログの中に同じような内容のものがあったので、
今日はそちらを皆さんにシェアしたいと思います!

これ、昔、大学受験塾ミスターステップアップの塾生向けに書いた記事ですので、
少々、加筆修正をしております。

若干…?いつもと雰囲気が変わります。
(相田みつをさんに憧れている塾生に向けて書いていたのでかなり意識されていますが、最後までお付き合いください。)

それでは始まり始まり〜

◇◆+―――――――――――――――ここから引用―――――――――――――――――+◆◇

先日、有名な飲食店に行ってきました。
(たまたま近くを通りかかった時に、運良くも空いていたので)

ぼくの前にもお客様がチラホラいたのですが、

帰るお客様に対して、店員さんが常に「ラララッス」と言っていたんです。

そこで私は考えました。

ラララッスとは何か…

難しい質問ですよね。

世界三大難しい質問ですよね。

 

一つ目の世界三大難しい質問は

人生とは何か。

二つ目の世界三大難しい質問は

愛とは何か。

三つ目の世界三大難しい質問は

幸せとは何か―

 

あれ?その3つ?

だったら ラララッス とは何かって上記の問題よりも簡単じゃない

と思ったそこのアナタ!!

コナンくんより賢いんじゃない?

探偵になったらいいんじゃない?

そんなに頭がきれるんだもの。

 

というか世界三大難しい質問じゃないじゃん。

と思ったそこのアナタ!!!

もう少し優しさを身につけた方がいいんじゃない?

誰だって失敗するんだもの。

 

では、話が脱線したところで、「 ラララッス 」をもう少し掘り下げて考えてみましょう。

お客様が帰る時にかける言葉となると、

 

① ありがとうございます!

② 二度とくるんじゃねぇ、このべらんめぇ。

 

の二つが考えられますよね。

全てのお客様に対して「ラララッス」と言っていたということから考えると、②でないことがわかりますよね。

絶対に違いますよね。

多分違いますよ。

・・・・。

え?違うよね?違うよね?

あの〜、僕個人としては違うと思いますよ。

 

②じゃないと私は思いますよ。

だって、全てのお客様に対して、「二度とくるんじゃねぇ、このべらんめぇ。塩もってこい。塩。」

という超塩対応のお店とか、流行る要素が皆無でしょ。

どんなに美味しいお店でも二度と行きたくない。

 

だから答えは①の、「ありがとうございます!」なんですよ。

 

ありがとうございます!

ありあっす!

ラララッス

 

という進化の過程がうかがえるじゃないですか。

この推理力・・・コナンくんもビックリですぞ。

 

正直いいお店でしたよ。

芳醇な香りのするスープにはキレもコクもありました。

あ、ちなみに芳醇な香りって人生で初めて使っちゃった。テヘ❤(n*ω*n)

 

ですが。

 

それ以上に「 ラララッス 」はインパクトがありました。

言葉に真実はありません。

だって簡単に嘘はつけるんですから。

 

愛してるのはアナタだけ!なーんて言いながら不倫してる人を見たらわかるじゃないですか!

勉強していますよ!!と言いながら全くしていない受験生もいますし、

俺全く勉強してないわーーって言いながら定期テストの成績がよかったFくんもいましたし。

だから言葉に真実はないんです。

 

でも…

 

言葉に乗っている気持ちは嘘をつけません。

言葉を発する時の気持ちは

その言葉に乗って相手に伝わります。

 

じゃあ、ラララッス でも、気持ちこもってたらいいじゃん。

って思います?

 

じゃあ、あなたは、バレンタインに女の子から、気持ちのこもった

 

美味しくてキレイなチョコ



美味しいけど汚いチョコ



まずくてキレイなチョコ



まずくて汚いチョコ

だったらどれが欲しいですか?

 

気持ちのこもった、まずくて汚いチョコはあんまり欲しくないですよね。
(どういう気持ちがこもっているのか、小一時間問い詰めたくなりますよね?)

どうせもらえるなら、
やっぱり気持ちのこもった、美味しくてキレイなチョコ、欲しいですよね。

 

だから言葉もできるだけキレイな方がいいんですよ。

気持ちが乗るんですから。

せっかく感謝の気持ちがあってもテキトーに言っていたら

相手には伝わらないどころか、イヤな印象を与えちゃいますよ。

だからといって、いつもいつもキレイな言葉じゃないといけないかというと、

それは、TPOに合わせてください。

でも、

気持ちと言葉がキレイなものになったら

実は、言葉を受け取る側の心もキレイになるんですよ。
だって気分良くなるじゃないですか。
心を込のこもったありがとうをもらうと、「よし、もっと頑張ろう」って思いますよね??

 

だから、できるだけ綺麗な言葉を使って、
お互いに会話ができるようになりたいですね。

 

もう少し言葉に気をつけた方がいいんじゃない?

相手に勘違いされちゃうんだもの。

 

そいじゃこのへんで、

See you  (ドヤァ)

◇◆+―――――――――――――――ここまで引用―――――――――――――――――+◆◇

 

このブログ読ませたんです。
これを書いたときも結構周りから、この記事良いですね、とお声をいただき好評だったんです。
良い機会なのでこれを皆さんにもぜひシェアしたいと思い、今日はこのテーマにしました!

発している声に、言葉に、気持ちが乗る。

そしてそれが、自分と、自分のいる場所の発する雰囲気・空気にもなるんですね。

だから、自分がどういう気持ちでその言葉を発しているのか。

ぼく自身もしっかりチェックしていきたいな、と教えながら思った次第であります。

それでは今日はこのへんで!(-д-)ノ゛マタミテネ!

 


 べじらーめんゆにわ では、人生相談に乗ることが多いので、これからも成長のヒントになることは、シェアしていこうと思います。

もし、何か悩みや相談があればコメントやメッセージ機能、そしてもちろんラインアットでもご連絡いただければと思います。

また、お店には月曜、木曜日以外は出勤していますので、気軽にお声かけください。

同じような悩みを持っている友達がいそうなら、シェアしてもらえると嬉しいです^^

 

べじらーめんゆにわへのご質問はLINEからでも可能です。

友達登録よろしくおねがいします。

 

登録していただいている皆様に、

限定裏メニューの告知などさせていただく予定です。

ぜひ、ぜひお友達になってくださいね。

 

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。